1. ホーム>
  2. 品質/研究開発>
  3. 品質システム・食品安全

品質システム・食品安全

全員参加で作り上げる
安心安全の「キミカ品質」

創業から80年、アルギン酸一筋に
品質を磨き上げてきたキミカ。
いまや「キミカ品質」は 世界最高水準の品質規格を求める
欧米先進国の一流の食品・製薬・医療機器メーカーにも
認められています。

品質マネジメントシステム

当社は日本唯一のアルギン酸の製造拠点です。同業他社との競争にさらされない環境にあるからこそ、私たちは自律的に品質を向上し続ける仕組みを持つことが重要だと考えています。
キミカでは「わたしたちは世界最高の品質でお客様の信頼と満足を獲得します」という品質方針のもと、独自の「品質マネジメントシステム」を構築し運用しています。日々の活動は品質マネジメントシステムで定める文書に従い行われ、世界中のユーザーや品質規格の認定機関から頂く厳しい監査・指導内容を積極的に取り入れ、継続的な改善につなげています。
他社と比較して満足するのではなく、今日よりも明日、明日よりも明後日、品質を確実に向上させてゆく仕組みを持つことこそが「キミカ品質」の秘訣です。

食品安全・食品防御

衛生的な製造環境の担保

毎週、千葉プラントの全社員が参加対象となる清掃活動「ピカピカプラント運動」を展開し、直接製造に携わらない社員にも衛生意識を啓発しています。
また、整理整頓された衛生的な生産環境の維持を確実とするため、品質保証部による内部監査に加えて、役員による定期的な工場巡回を実施しています。千葉プラントでは内勤者も含めた全員(来客受付を除く)が作業用ユニフォームを着用して日々の業務に当たっています。
これは、誰ひとり他人事ではなく、全員参加で品質を向上させるための決意を表しています。

社員の衛生管理

千葉プラントでは、全社員が毎朝出社時に体温を測定して健康状態を記録しています。記録は管理者が毎日確認しており、万全な健康状態の人員のみが作業に従事するよう管理しています。
また、定期的に検便を実施して不顕性感染者(病原体に感染しているが症状が現れていない人)のスクリーニングを行い、不顕性感染者による製品汚染が起きないよう管理しています。

原料海藻の品質管理

当社は30年以上前から原料海藻の産出国チリに拠点を構え、最も信頼できる海藻調達会社3社に資本参加して、適正な品質の海藻を安定的に調達するためのサプライチェーンを確立しています。
環境に十分配慮されて収集された新鮮な天然海藻をチリ現地の漁民から買い取るところから、乾燥・粉砕・保管・輸送を経て、原料として工程に投入されるまでを自社で一貫して管理することで高い品質を担保しています。
海藻以外の資材や原料も、必要に応じて供給元から情報を収集し、適正な基準のもとで評価し選定しています。

微生物汚染・異物混入の防止

専門業者に委託して定期的に工場内のモニタリング(ペストコントロール)を実施しています。自社(品質管理部)でも工程検査や製造環境の微生物監視測定を精力的に実施し、総合的な品質管理を行っています。
最終製品の品質調製を行うブレンド工場では、衛生的な作業着とマスク・帽子の着用を義務付け、入室前の粘着ローラー掛けや手洗いを徹底して外部から異物が持ち込まれないよう対策しています。
最新の品質調製・充填包装ラインでは、自動化によって人の直接的な関与を最小化し、金属探知機やウエイトチェッカーなどで異常を探知して不良品の出荷を防いでいます。

出荷前の製品検査

製造された製品がお客様と取り交わした品質規格を満たすことを確認するため、外観検査、異物検査や微生物検査、またアルギン酸の物性として大事な粘度やゲル強度測定などを実施しています。千葉プラントだけでも年間12,000件を超える品質試験を実施しており、常に万全の製品を出荷できる体制を整えています。

認証

千葉プラントは、2001年から国際規格ISO9001に準拠した独自の品質マネジメントシステムに基づいた品質活動に取り組んでいます。
食品の製造にあたっては食品安全に関する国際規格FSSC22000を取得し、HACCP※の手法に基づき、以下の品質管理活動を実施しています
(その他の認証情報は認証取得状況へ)。

  • 製造工程で起り得る危害を「ハザード分析表」で評価
  • 重要管理点は「HACCPプラン」で管理・防止
  • 製造条件と検査基準を「品質計画書」で制定
  • 防虫防鼠、作業員の衛生(手洗い、消毒など)、衛生区画を「衛生管理規定」で制定
  • 製造工程ごとの管理や検査の手順を「QCフロー図」で明確にして記録など

※HACCP:食品材料の入荷から製造・出荷に至る生産工程に対して、予想される微生物的・化学的・物理的危害を分析し、その結果に基づき危害防止のための重要管理点を設定して集中的に管理する衛生管理手法