Englishespaniolchinese

今夏の使用電力削減目標とその取組みについてのお知らせ

株式会社キミカ
取締役千葉事業所長 山口 壽

拝啓 平素は格別のご高配を賜り、誠にありがとうございます。
さて、先に経済産業省より発表された「夏季の電力需給対策」に基づきまして、お取引先各位におかれましても様々なご対応策をご検討、実施されていることと存じます。

7月から実施される「電力使用制限令」を前に、弊社も製品の安定供給を第一に図りながら、想定電力需要ピーク期間における使用最大電力を前年比15%の削減を目標とし、節電に向けた取組みを下記の通り実施していくことと致しましたのでお知らせ申し上げます。

  • 自家発電設備として発電機を2台増設し、外部からの供給電力を削減します。
  • デマンドコントローラーによる、製造機器の効率運転を実施します。
  • 照明の点灯制限や空調機器の設定温度の見直し及び使用制限を実施します。
  • 製造部門における稼働時間を工夫して、使用電力の平準化を図ります。

弊社では既に昨年秋、電力使用量を下げる各種対策を独自に実施して成果を上げており、今夏上記の節電施策を実施することにより、前年比15%の電力削減は十分達成可能と判断しております。また当然ながら、節電によって製品の供給に支障を来すことはございません。
本格的な暑さに向う季節となり厳しい環境下ではございますが、以上のように製品の出荷には万全の体制で対応してまいりますので、今後とも益々ご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。

敬具